ホーム » お庭造りの要素

お庭作りの要素 (外構プランを考える前に知っておきたい豆知識)

満足できるガーデンプランを考える前に「お庭作りの要素」についていくつかご紹介したいと思います。

ClipboardImage
1.お庭の配置計画
2.外構スタイル
3.門廻りとアプローチ
4.駐車スペースの考え方&大きさ


お庭の配置計画

お庭まわりの主な構成は大きく分けて4つです。
1.門まわりアプローチ
2.メインガーデン
3.駐車スペース
4.サービスヤード

こうした用途や使い勝手、土地の条件に応じて、アプローチや庭、駐車スペース、門まわりなどの位置を大まかに決めていくことをゾーニング(配置計画)と言います。 どのように配置すれば使いやすいのか考えて計画することが大切です。


ClipboardImage


 斂腓泙錣蠅肇▲廛蹇璽繊
道路から玄関までの通路と門まわりは家の第一印象を決める重要なポイントです。
アプローチの形をL字型やカーブにするなど変化を付けると、やわらかく奥行きある空間を演出することができます。


◆撻瓮ぅ鵐ーデン=主庭】
お客様の趣味やライフスタイルに合わせて計画します。
外からだけでなく家の中から見える風景や、日当たり、排水、土壌など植物を植える際に気を付けなければならないことを踏まえデザインプランします。


【駐車スペース】
車が出入りする道路幅や駐車台数、敷地と道路との高低差、車の大きさなどによって決まります。
前面道路と建物位置を考慮し、駐車し易いことと、アプローチや玄関への導線を考慮し計画します。


ぁ撻機璽咼好筺璽鼻
屋外での家事作業のスペースです。ゴミ出し、洗濯などの作業内容に合わせて、広さや日照、動線などを検討し、使いやすい空間にします。



外構スタイル

外構スタイルは大きく分けて3つのスタイルがあります。敷地形状や建物との関係、ライフスタイルに合わせどんな外構スタイルにするか検討しましょう。

オープン外構
敷地の周囲に塀を造らないオープン外構はなんといっても開放感が魅力です。

門まわりと駐車スペースが開放的なので、植栽を取り入れた外構にすると街並みに調和した空間が演出できます。 ただし、プライバシーの確保と防犯に対しての注意と工夫が必要です。


セミクローズド外構
駐車スペース以外を門柱・門扉、フェンス、生垣などで囲むスタイルです。

オープンスタイルに比べて落ち着いた雰囲気になります。駐車スペースがオープンになるため、門まわりから駐車スペースへの動線を考慮したデザインが求められます。


クローズド外構
門柱、門扉、フェンス・塀、生垣などを設けて、敷地の外周をすべて囲うスタイルです。

高級感のある落ち着いた雰囲気になりますが、あまり閉鎖感を感じさせないよう壁に変化をつけたり、前面に出来るだけ植栽スペースを確保して、柔らかい感じでまとめる配慮が必要です。
門扉・フェンス・壁などを建物スタイルに合わせることで家全体をトータルコーディネートすることができます。


門廻りとアプローチ

家の第一印象を決めるのが、門廻りです。

そして門から玄関へと導くアプローチは、門廻り同様、わが家の顔となる大切な部分です。
アプローチは、門と玄関をできるだけ対面させないよう工夫しましょう。
スペースが取れない場合でも角度を変えることによって、ゆったりとした雰囲気を演出することができます。
床の仕上げや植栽などで変化をつけて楽しい空間にしましょう。


アプローチの種類

敷地の周囲に塀を造らないオープン外構はなんといっても開放感が魅力です。

門まわりと駐車スペースが開放的なので、植栽を取り入れた外構にすると街並みに調和した空間が演出できます。 ただし、プライバシーの確保と防犯に対しての注意と工夫が必要です。


ClipboardImage
■直線

一般的なタイプです。単調的にならないよう、床の仕上げや植栽、通路幅で変化をもたせましょう。
ClipboardImage
■S字

S字型のアプローチは曲線で柔らかいイメージに仕上がります。 床の仕上げ材を自然石の乱貼りなどで演出するとさらにやさしい雰囲気になります。
ClipboardImage
■クランク

S字型を直線的にアレンジしたものをクランクといいます。 直線で構成しますのでタイルやレンガの納まりもきれいに仕上がります。 少し堅いイメージになるので植栽や草花でやわらかさをプラスしましょう。
ClipboardImage
■L字

アプローチの目線上に何が見えて来るのかを良く考えて、必要に応じて 植栽や目隠しも計画すると良いでしょう。
ClipboardImage
■直角入り
視界に変化をもたらし、駐車スペースからのアプローチなどに応用できます。
ClipboardImage
■斜め入り
アプローチに方向性を与え、視界に変化をもたらします。
アプローチの仕上材について

玄関までのアプローチは、夜間や荷物を運ぶ際、足元を確認しにくく、わずかな段差でもつまずくことがあるので、 凸凹のない、滑りにくい床材を選びましょう。


駐車スペースの考え方&大きさについて

最近では庭よりも、駐車場が敷地面積を占めるお家も多くなりました。空車時の見栄えも考慮し、床の仕上げやデザインに気をつけてプランニングする ことが大切です。

また、空車時には子供の遊ぶスペースとして使えるなどの工夫をしたり、夜間の 防犯対策の照明計画も忘れずに考えましょう。


駐車スペースの基本寸法(単位:mm)


直角駐車


ClipboardImage
車種にもよりますが、間口 3m前後。
奥行き 5〜6mが必要です。
2台並列タイプなら間口5mは必要です。
1台縦列タイプ


car02
車の出入りのため、間口は8m程必要です。
奥行きは最低でも2.5mは必要です。

ホーム » お庭造りの要素
お庭造りの要素
満足できるガーデンプランを考える前に「お庭造りの要素」についての豆知識
エクステリアマイスター取得
アルミリペア施工
エクステリア匠のスタッフブログ
エクステリアのことならご相談ください
新築住宅のエクステリア・外構工事
リフォーム外構
建物の外廻りの設計・施工
お庭のリフォーム
左官工事